体を労わるなら女性ホルモンを増やす方法を試そう

内臓の脂肪を減らす

女性

腸まで届くのが良い

年齢とともにお腹のまわりには内臓脂肪が蓄積しやすくなるそうです。そのため、ダイエットとして運動をしたり、食事制限をしたりしてもなかなか結果に結びつけるのが難しくなっています。その場合、体の内側から内臓脂肪に働きかける必要があると考えられるようになりました。内臓脂肪の減少に効果があると考えられている物質にラクトフェリンがあげられます。ラクトフェリンは、牛乳の中に含まれる糖たんぱく質と呼ばれるもので、乳清の主要な成分ともなっています。よく知られているのは免疫力を向上させる働きです。また、ピロリ菌を除去する効果もあるという報告もあります。さらに最近は脳の老化を予防するのにも有効だと言われているようです。様々な健康効果が期待できるとして、口コミでも評判は上々です。お腹まわりがすっきりやくびれを実感することができたなど、口コミでもラクトフェリンの評価は高くなっています。うれしい実家の声が口コミでは効かれますが。ラクトフェリンには熱や酸に弱い性質があります。また、酵素でも分解されやすいそうです。そのため、そのまま摂取してしまうと胃酸で分解されてしまうため、効果を実感しにくいと言われています。そこで、ラクトフェリンのサプリメントなどを購入する際には、きちんと腸に届いて、腸から吸収される製品を選ぶと良いでしょう。胃酸で溶けずに腸に届いてから溶ける製品のほうが口コミでも評価がより高くなっており、お腹まわりのすっきりを実感しやすいかもしれません。